明治期発表作品

エッセイ

道中一枚繪 その一・前編

年の瀬と正月の情景を描いた小品をひとつ。 東海道中膝栗毛の弥次郎兵衛と喜多八に自身をなぞらえた旅行記。
幻想怪異譚

黒猫・その18

黒猫・その17のつづきエピソード。 髪結いのお島と盲人富の市の謀略によって囚われの身となったお小夜。 あわや富の市の毒牙にかかるその手前でお島が鋭い声を上げて制し、九死に一生を得るのだった。 お島はお小夜の猿轡を外し、思い残すことがあれば託(ことづけ)よと伝える――― 感想・リクエストもお待ちしています http://izumikyouka.com/2-2/ 最新のエピソードはこちらから聴けます http://izumikyouka.com
幻想怪異譚

黒猫・その17

【クリックでPodcastページへ】お島の罠に嵌り、捕らえられたお小夜。縛られ、口をふさがれて横たわるその姿を、お島は冷ややかな目つきで見下ろすのだった。
幻想怪異譚

黒猫・その16

【クリックでPodcastページへ】黒猫・その16のつづきエピソード。 草木も眠る三更(真夜中)の時間に、人目を忍んで家を抜け出す令嬢・お小夜。 所かまわず付きまとう富の市とのを切るまじないを行うために、気味の悪い山奥の祠へ足を走らせるのだった。
幻想怪異譚

黒猫・その15

【クリックでPodcastページへ】黒猫・その15のつづきエピソード。 真夜中の月影に紛れた男女の影がふたつ。それは、盲人の富の市(とみのいち)と、歪んだ恋路の手引きをする髪結いのお島(しま)であった。
幻想怪異譚

黒猫・その14

黒猫・その14のつづきエピソード。 憔悴しきったお小夜の心を悩ませているのは盲人の富の市(とみのいち)であるとのこと。 お島はお小夜に、富の市と縁を切る方法をこっそりと伝授する。その方法とは―
幻想怪異譚

黒猫・その13

【タイトルクリックでPodcastへ】黒猫・その12のつづきエピソード。 絵師の卵・二上秋山と婀娜な髪結い師・お島は、互いが恋仲になることを断じる「別れの盃」を交わしていた。
幻想怪異譚

黒猫・その12

黒猫・その11のつづきエピソード。 二上秋山への想いを断ち切るために、髪結いのお島は別れの盃を交わそうと申し出る。 お島は秋山に、自分の恋心が実らない理由を今一度尋ねる。 言い淀んでいた秋山だったが、腹をくくると、ひそかに想いを寄せる女性がいることを告白するのだった(タイトルクリックでページを開く)
幻想怪異譚

黒猫・その11

黒猫・その10のつづきエピソード。 普段は聡明な上杉家令嬢の小夜子が 自身の母と愛猫の黒猫に対しては幼児のようにあどけなく振る舞うように、絵師の二上秋山もまた、髪結いのお島にだけは心を開いていた。 それは姉と弟のように純粋無垢な感情であったがお島の方は秋山に対して恋心を抱き、いつかは秋山の妻になること望んでいた(タイトルクリックでページを開く)
幻想怪異譚

黒猫・その10

黒猫・その9の続きエピソード。 心を許した様子で髪結い・お島に膝枕し、髭を当たって(剃って)もらう秋山。 姉弟ならずも仲睦まじい二人はいかなる関係なのか。 二人は内縁でも夫婦でも、人目を忍ぶ間柄でもなく(タイトルクリックでページを開く)